プロフィール


エドワード・エスコー

 

1970年代、ボストンで久司道夫と低エネルギーによる原子転換と東洋の宇宙理論の研究を始める。鍼灸等で使われるエネルギー経絡の理論と実践が研究テーマであり、食べ物のエネルギー効果、易経の宇宙論に基づいた普遍的なエネルギー変性段階、物理・化学の世界に体現されている調和・平衡・変化の普遍法則を研究している。

 

 東洋の宇宙理論と霊性に対する理解を深めるために1978年に日本を訪問。研究のため伊勢神宮ほか、京都、奈良、熊野の寺社を訪問。1980年、ボストンの久司学院の指導員となり、健康、平和、繁栄を達成する手段としての変化の宇宙理論の実践的応用に関する講義を始める。1994年、久司道夫による原子転換に関する講義を編集し「原子転換というヒント(The Philosopher’s Stone)」(ワン・ピースフル・ワールド出版)を出版。1999年、水素から蒼鉛への低エネルギーによる原子転換への有望性に関する集中的な実験を開始。その公式と解説は“The Element Genome”誌(アムバーウェブス出版)で紹介された。

 

 2004年、アレックス・ジャックとウッディ・ジョンソンに協力し、ルイ・ケルブラン、桜沢如一、久司道夫により紹介された低エネルギーによる原子転換の研究を継続することを目的にマサチューセッツ州に()クウォンタム・ラビットを設立。最初の実験所はニューハンプシャー洲ナシュアに設立され、その後、カーボン・アーク実験室がバーモント洲ベローズ・フォールズに、真空管実験室がメイン洲オールズ・ヘッドにそれぞれ設立された。2005年から2009年にかけて低エネルギーによる原子転換に関する25以上の実験を管理し、「Infinite Energy」誌に研究論文を発表してきた。2011年、論文と手紙を編纂した著書「クール・フュージョン」(アムバーウェブ出版)が出版された。エドワード・エスコーへの連絡先は下記である。

edwardesko@gmail.com

アレックス・ジャック

 

ベトナム戦争の従軍記者、「イースト・ウエスト・ジャーナル」誌の編集長、久司学院のゼネラル・マネジャー、ワン・ピースフル・ワールド・ソサエティのディレクター、プラネタリー・ヘルス代表を歴任。久司道夫との共著「ガン予防食(The Cancer Prevention Diet)」、「アヴェリン久司のマクロビオティック料理完全ガイド(Aveline Kushi’s Complete Guide to Macrobiotic Cooking)」、ドン・キャンベル著「モーツァルト効果(The Mozart Effect)」、ラマ・スルヤ・ダス著「ブッダ・スタンダード・タイム(Buddha Standard Time)」など多くの出版物の著者であり編集者でもある。複数巻にまたがる著作「東洋診断の概略(Profiles in Oriental Diagnosis)」では近代精神の創造者であるレオナルド・ダ・ヴィンチ、ニュートン、デカルト、ダーウィン、パスツールを取り上げている。チェルノブイリ原発事故の後、放射能の被害から人々を守るためソ連への食糧空輸を組織した。北京の禅寺、サンクトペトロスブルグの心臓学センター、ロンドンのシェークスピア・グローブ座などで講演。久司道夫著「マクロビオティック健康法(The Book of Macrobiotics)」の著書内の原子転換の章を編集した。ヨーロッパの久司学院と日本CI協会で新エネルギーによる環境問題解決に関し講義。現在バークシャー在住。アレックス・ジャックへの連絡先は下記である

shenwa@bcn.net

マハデヴァ・スリニヴァサン博士

 

 核科学者であり、LENR(低エネルギー核反応)およびLENT(低エネルギー原子転換)の世界的権威の一人である。ムンバイ(ボンベイ)の中性子物理学部の上席研究員であり、バーバー原子力研究センター物理学グループのアソシエート・ディレクターである。1997年、40年に渡る長い研究生活から引退後、スリニヴァサン博士はインドのチェンナイ在住。常温核融合の発展に対しては引き続き熱い関心を寄せている。20112月にはチェンナイで開催された「凝集系核反応国際会議(ICCF16)」の議長を務めた。著書には、2011年にJohn Wiley & SonsからJay H. LehrSteven B. KrivitThomas B. Kingeryが編纂し出版した「原子力エネルギー百科事典Nuclear Energy
Encyclophedia: Science, Technology, and Applications
)」にジョージ・マイリーとエドモンド・ストームズとの共著で執筆した“Low Energy Nuclear Reactions: Transmutations”がある。

お問い合わせ先

coolfusionjapan@gmail.com